製品案内
MENU
  • 電子材料
  • 電気絶縁材料・工業材料
  • エポキシモールド電気機器
  • 暮らしの中にリショーの技術

HOME > 製品案内 > 電気絶縁材料・工業材料 > リショーライト積層管 巻芯材料への展開

電気絶縁材料・工業材料

リショーライト積層管 巻芯材料への展開

リコセル
機械的強度に優れ、発塵がない熱硬化性樹脂積層管を、紙・機能性フィルム・金属箔などの巻芯にご利用いただくセールスプロモーションを展開中です。
単層管に加え、二層管、二重管など多彩なラインナップで生産効率アップ・不良低減・コスト削減・環境対策などのお手伝いをいたします。
【メリット】
  • 強度に優れるので、巻芯のたわみによるシワ不良の低減がはかれる
  • 巻芯自体からの発塵がないので、クリーンルームでの使用に最適
  • 巻き取り量の増加が図れるので、取替えにかかる時間的ロスの低減となる
  • 繰り返し使用できるので、トータルでコストダウンとなり、環境対策にも寄与できる
  ▲単層管  

二層管 タフな内層とデリケートな表面をあわせ持つ巻芯など、管全体のレベルアップが図れます。
熱硬化性樹脂管を巻芯にご採用いただくメリットのひとつです。
二層管
▲二層管のイメージ 【二層管の一例】
内層:紙フェノール
外層:ガラスエポキシ
▲極薄箔用二層管 ▲フィルム用二層管
      二層管ラインナップ

二重管 駆動シャフトの径に合わせた内層管と、所定の外径に仕上げた外層管をフランジでカップリングした、中空構造の巻芯です。
全体の軽量化がはかれ、巻芯のサイズ変更に柔軟に対応していただけます。
フォークリフトのクランプや、吊り下げベルトがかかる部分にリブを設置することにより、必要な部分のみ強化することも可能です。
▲二重管のイメージ ▲二重管の一例 ▲ガラス布用二重管 ▲銅箔用二重管

データ 荷重に対しての曲げたわみ量の特性について、リショーライト熱硬化性樹脂積層管(紙フェノール管・ガラスエポキシ管)と、その他の材料で特性比較試験を行いました。
▼曲げ試験方法

各種巻芯の特性比較(当社試験結果)
管の種類 曲げ強さ 圧縮強さ 引張り強さ 吸水率 比重
MPa MPa MPa
ガラスエポキシ樹脂管 340 180 300 0.100 1.80
紙フェノール樹脂管 127 139 120 0.461 1.31
塩化ビニル管 ☆27 56 44 0.024 1.38
ABS樹脂管 82 46 34 0.174 1.04
紙管 17 10 96.440 0.79
【試料サイズ(mm)】
  内径 外形 長さ
紙フェノール管 φ76.2 ×φ90.2 ×480
塩ビ管 φ76.4 ×φ90.2 ×480
ABS管 φ77.0 ×φ88.0 ×480
紙管 φ77.0 ×φ94.8 ×480
     
  
☆最大強度を示さなかったので、変形が著しくなる時点の値としました。

リング曲げでの変形(最大強度時)
▲リショーライト
紙フェノール管
▲塩ビ管 ▲ABS管 ▲紙管